お知らせ

一覧へ

イベント予告

一覧へ

開発・プロジェクト

有機プロセス技術やストレッチャブル配線技術を始めとした柔らかいエレクトロニクスを用いたセンサシステムの開発により、低消費電力集積回路設計・高信頼通信システム設計・高度な情報処理の技術を集積させ、「本当に使えるモノづくり」を進めています。

もっと詳しく

世界初!パッチ式脳波計の開発

脳波をシンプルかつローコストで測れる技術 ~いつでもどこでも脳状態をリアルタイムに可視化~

パッチ式脳波計

冷却シートを額に貼るような感覚で、容易に装着することができるパッチ式脳波計の開発”に成功。大型の医療機器と同じ計測精度を持つ手のひらサイズのパッチ式脳波計は、柔軟な電極とシート型ワイヤレス計測モジュール、小型電池で構成され、厚みは6mm、重さは24gと軽く、生体適合性のある密着性ゲルにより額に密着しながらリアルタイムに脳状態を可視化することができます。

もっと詳しく

大阪大学発ベンチャー『PGV株式会社』

PGV株式会社は革新的な脳波デバイスのベンチャー企業です。高額な医療用の脳波測定器と同等性能を計測する装着感がほとんどない脳波計測デバイスで、ご家庭での日常的なセルフケアを促進します。2018年に第三回JEITAベンチャー賞を受賞しました。

もっと詳しく

先進デバイス研究分野

有機材料の「優れた電気的・機械的特性(フレキシビリティー)」、「自己組織化現象」、「低エネルギー加工性」を応用したフレキシブルエレクトロニクスの基礎材料・物性研究および応用研究に取り組んできました。特に、有機ナノ分子積層技術、有機半導体/ 絶縁体界面制御技術、有機分子材料物性制御技術、評価技術、有機回路設計技術といった有機材料特有の技術開発を広範な領域において行うことで、有機トランジスタの高度集積化を実現してきました。「フレキシブル有機トランジスタ(TFT)作製の基盤技術の確立」と「機械的特性に優れたウルトラフレキシブルエレクトロニクス、ストレッチャブルエレクトロニクスの創出」を実現し、その有用性を世界に先駆けて実証いたしました。

もっと詳しく

関谷研究室

柔らかい有機エレクトロニクス技術開発を通し、前人未到の新しいデバイスを考案・開発しながら社会に貢献してまいります。

もっと詳しく

PE研究会

PE(Printed Electronics)研究会では、従来のエレクトロニクス製造に根本的な変革をもたらし、巨大な新産業を切り開くものと期待されているプリンテッド・エレクトロニクス技術について、学術と実用化の両面から取り組み、情報発信を積極的に行なっています。

もっと詳しく
Scroll Up